憲法9条の会つくば home page

賛同人・署名数(2016/11/19)

賛同人936名(つくば市内671名)

9条署名16,350筆(累計)

活動予定(2016年12月−)

         
12月 3日(土) 13:00-13:30
アベ政治を許さないstanding
at つくば駅A3出口
         
12月 8日(木) 18:15-20:30
不戦のつどい
at 並木交流センター
         
12月 9日(金) 12:00-13:00
定例9の日署名活動
at アルス図書館前
         
12月18日(日)12:00-13:00
定例街頭署名活動
at 西武デパート北デッキ上
         
1月 3日(火) 13:00-13:30
アベ政治を許さないstanding
at つくば駅A3出口
         
1月 8日(日) 詳細未確認です
成人式署名活動
at カピオ体育館前
         
1月21日(土) 13:30-(予定)
定例世話人会(隔月)
at 並木交流センター

連絡先

連絡用フォーム

 Tel. 080-5888-7824

 Fax. 029-856-2286

会設立11周年記念のつどい

輝け!憲法、守ろう!いのち 2016

憲法9条の会の呼びかけに応えて本会を設立してから11年、「平和憲法」を守りたいという世論は着実に根付いてきたと思われます。

改憲勢力はそれを正面から突き崩すのが困難とみて、あらゆる策略を駆使した攻撃を繰り出してきます。私たちもここで根負けするわけにはいきません。

現在、11周年のつどいを下記の主要プログラムで準備しています。当日に向けて皆様のご協力をよろしくお願い致します。

開催日:11月26日(土)13時開場、13:30開会

会 場:つくばイノベーションプラザ(センタービル内、ノバホールとなり)

記念講演:

「自由も平和も守りたい〜壊憲に抗う〜」

 黒澤いつきさん

(明日の自由を守る若手弁護士の会)

迫る!自衛隊が海外で戦争

駆けつけ警護は必要?  2016.9.1

 国に命令されて殺し、殺される戦争の無益さ空虚さに気づいた日本人は、日本国憲法を拠り所として平和を守ってきました。

 昨年9月19日に強行採決された新安保法制により、いよいよ南スーダンに派遣された自衛隊が現地の戦争に参加しようとしています。国連の活動に参加して「戦争はやめよう」と呼びかけるはずが、一方の勢力に加担して「敵」を一掃しに出かけたり、敵も味方もわからずに「殺さなければ殺される」窮地に自衛隊員を送り出すことが、71年前の深い反省に立って平和原則を貫いてきた日本の役割でしょうか。

(*) 本会の活動については、上の欄内「ブログ」「facebook」「結(ゆい)」もクリックしてご参照ください。

やっぱ未来は憲法で選びましょうよ

__憲法9条の会つくばHPのつぶやき__2016.7.6

4野党と市民の連合によって、立憲主義が根本的な争点だということが大きく浮上してきました。

 安倍与党は、一番やりたい改憲の話題を避けに避けて、野党連携は野合だなどとけなすことに躍起。政策を言ってくれ。なに?アベノミクス? その本質、もうバレバレでしょう。

 それにしても、安倍与党に国会の3分の2以上を任せたい人が3人に1人くらいはいるらしい。「中国が攻めてくるって時に、何が憲法9条だ」と声を荒らげる、あの人たちでしょうね。3人に1人もいるのかなあ?

 しかし、アベさんだって中国とドンパチやって勝とうなんて、よもや思ってないでしょ。やりたいのは米国に追随して、いや肩代わりして、世界中で紛争や対テロ戦争の先頭に立って見せたいのでしょう。昨年来の違憲の集団的自衛権をめぐる暴走でも、そのことは既に明白なのにね。

 まして、改憲で緊急事態条項など加え、国民の権利を国家への貢献に差し換え、かつての戦前・戦中と同様の社会へ作り変えたいという意図が見えみえの自民党憲法改正草案です。若者たち、いや、結構なおじさんたちも、命令されたら逆らえない、意見も言えない、そういう体制の国って、想像がつかないのですか?すぐお隣にもありそうですけどねえ。


憲法9条の会つくば