憲法9条の会つくば home page

賛同人・署名数(2022/5/15)

賛同人1013名(つくば市内725名)

初期9条署名16,964筆(累計)

改憲発議反対緊急署名1074

活動予定(2022年 6-7月)

= = 街頭署名活動は天候などにより
急に変更される場合があります。
ご注意ください。==
    
6月18日(土)10:00-
定例事務局会
at 市民活動センター
    
6月19日(日)12:00-
第三日曜定例署名活動
=中止です=
7月 3日(日)13:00-
アベスガ政治許さないstanding
at つくば駅A3出口付近
    
7月 9日(土)12:00-
定例9の日署名活動
at アルス図書館前遊歩道

連絡先

連絡用フォーム

 お急ぎの場合は下記へ

 029-858-2034

 (Tel・Fax兼用)

7月10日投票の参議院選挙 憲法9条は重大な争点

戦争に乗り出す日本か、平和のために動く日本か

 世界の潮流が大きく変わるかというこの時期の国政選挙です。

 21世紀にも独裁国家による侵略戦争が起きることを、プーチンのロシアが見せてくれました。

 「日本にも攻めてきた場合にどう備える?」という話を避けて通れないのは事実でしょう。

 「反撃する気か? こちらは核兵器をいっぱい持ってるんだぞ」とおどして来たロシア。そのロシアを擁護する某大国。ほとんど定期的に日本海に向けてミサイルを撃っている国も。

−日本はどう対応するべきでしょうか。こちらも核兵器を持てば攻めてこないか?

 軍事予算を倍加して兵器を増やせば攻められないか?

 攻められそうなら先手を打って攻めれば、それで勝てるか? ミサイルは飛んで来ないか?

−そんな問題ではないのでは?

 ロシアに好きなようにやらせないために世界が団結すること。

 国際連合が無力だなどと言ってないで国際法を尊重する世界を作ること。

 そのために働ける日本政府であってほしい。憲法9条をバックボーンとして。

−そんな視野をもった政党を伸ばしていくことが、「どんな日本を作り、安心な世界を作っていくか」の答えになるように。今すぐ、今度の参議院選挙に私たちの思いを反映させましょう。

今度の憲法記念日はつくば国際会議場で

  --憲法フェスティバル2022--  5月3日(火)午後

 従来、伝統的に水戸で野外行事として開かれていた憲法フェスティバルが2022年はつくばでの開催となりました。政治・社会情勢を見ると「憲法守れ」の声は近ごろ押され気味。近くでの参加機会を逃がさず、盛会となるようご協力いただけますよう。

 下に掲載した呼びかけチラシをご覧ください。

article/n220408b.jpg
article/n220408a.jpg

(おしらせ)

2022年を迎えて"憲法9条の会つくば"運営体制を変更しました。

 本来なら、会の「総会」に当たる内容を持たせた例年の「設立記念のつどい」を開催してご報告すべきところですが、昨年来、コロナ感染防止のため「記念のつどい」を見合わせていて、報告ができませんでした。やむをえず「結」103号掲載の形でご報告しています。

<組織体制の変更>

 奇数月に行っていた世話人会の会合はなくします。代わりに事務局会は毎月開きます。総会前など必要な時期には広く呼びかけ、世話人会を開催するよう努めます。

<新役員体制>

 共同代表の人選を含め、事務局体制の再編成を行いました。

詳細については「結」紙上でご確認ください。

(お詫び)

 本会では隔月体制で「結」を編集し、賛同人の皆さまに印刷体でお届けできるよう努力しています。その一方、本ホームページでは必ずしも常時最新記事を掲載する体制はとっていませんが、ご要望は本ホームページ内の連絡用フォームで、また「結」掲載のご連絡先でいつでもお受けしています。


憲法9条の会つくば